日本応用動物昆虫学会誌 (和文誌)

(著作権)

電子版の著作権は、発行元である日本応用動物昆虫学会に帰属します。電子版を私的使用または引用など著作権法上認められた範囲において使用することは可能ですが、転載、複製、公衆送信、翻訳、商用利用、二次情報の作成(データベース化など)などを行う際には、著作権者の承諾を得る必要があります。著者が自身の論文をこれらの目的のために利用する場合にも、学会の承諾を得る必要があります。

(リポジトリポリシー)

現在、下記の3か所から電子版が公開されています。

著者が日本応用動物昆虫学会誌に掲載された自身の論文を、印刷版発行後、機関リポジトリおよび著者のwebサイトで公開したい場合は、ダウンロードしたpdf版を機関リポジトリ等へ掲載することができます。その際、かならず次の内容を記述してください。

  • 著者権は日本応用動物昆虫学会に帰属すること。
  • 本文データは日本応用動物昆虫学会の許諾に基づき日本応用動物昆虫学会の論文公開サイトから複製したものであること。
  • ダウンロードした論文公開サイト(CiNii、J-STAGEなど)のURI。

Applied Entomology and Zoology (英文誌)

※ 雑誌の発行年によって対応が異なりますので、ご注意ください。

2010年までの発行(Vol.1~Vol.45)

著作権、リポジトリポリシーは、和文誌と同じです。

2011年以降の発行(Vol.46~)

英文誌ならびに電子版はSpringerから発行されています。著作権は学会に帰属し、電子ファイルの所有権はSpringerに帰属します。

著者自身のwebサイト、著者が所属する機関のリポジトリには、Springerから発行されている版を掲載することは禁じます。掲載可能なのはアクセプトされた最終原稿に限り、発行日からの猶予期間なしで掲載が可能です。また、研究資金提供団体のリポジトリへの掲載が義務付けられている場合、著者最終原稿の掲載は印刷版が出版後12ヶ月以降に可能です。

詳しくはSpringerのサイト(http://www.springer.com/13355)のCopyright informationをご覧ください。

このほか疑問点・質問は、サイト管理者までお問い合わせください。

転載許可について

Applied Entomology and Zoology 誌(英文誌)および日本応用動物昆虫学会誌(和文誌)に掲載された論文の著作権はすべて日本応用動物昆虫学会にあります。内容の一部または全部を他の出版物等に転載する場合は、転載承諾書願を会誌担当の常任評議員(e-mail: kaishi@odokon.org)までお送りください。

転載承諾書願ひな形

(編集委員長)

» TOPに戻る