2004年07月26日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 005号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「お知らせメール」 2004/07/26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■1 古い講演要旨集をお持ちですか?
■2 会員からの情報提供 -中央農研虫害防除部セミナー-

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1 古い講演要旨集をお持ちですか?

 学会では、国立情報学研究所(NII)の電子図書館で全講演要旨集の公開準備
 中です。しかしながら、一部の古い講演要旨集は学会事務局に保存されてい
 ないため、会員の皆様からの提供をお待ちしております。
 -----------------------
 1957 S32 第1回
 1958 S33 第2回
 1959 S34 第3回
 1960 S35 第4回
 1961 S36 第5回
 1962 S37 第6回
 1963 S38 第7回
 1964 S39 第8回
 1965 S40 第9回
 1966 S41 第10回
 1968 S43 第12回
 1969 S44 第13回
 -----------------------
 ★ご提供頂く場合の条件:
 1.寄付して頂ける場合、問題ありません。有り難く頂戴致します。
 2.返却をご希望の場合、電子化作業でいったんバラバラに裁断してしまい
   ますので、再度製本したものが戻ってきます。原型をとどめませんの
   で、ご注意下さい。
 
 <送付先>
 〒170-8484 東京都豊島区駒込1-43-11
 日本植物防疫協会ビル内
 日本応用動物昆虫学会事務局
 
 ★寄付か返却希望かを明記して下さい。返却希望の場合は返送先を指定して下さい。
 
 <問い合わせ先>
 事務長:守屋成一
 〒305-8666 茨城県つくば市観音台3-1-1
 中央農業総合研究センター虫害防除部害虫生態研究室
 E-mail: aez_sg@naro.affrc.go.jp
 Fax: 029-838-8837

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2 会員からの情報提供 -中央農研虫害防除部セミナー-

 中央農研 虫害防除部では以下の通りセミナーを開催いたします。
 今回は、中央農研・虫害防除システム研究室で研修中の中国農業科学院、
 Ma. Chunsenさんと中央農研・生物防除研究室、下田武志さんのお2人
 にお話をしていただきます。
 
 みなさま多数のご参加をお待ちしております。
 
 --------------------------------------------------------
 第28回虫害防除部セミナー
 
 日時: 2004年7月28日(水) 10時から
 場所: 茨城県つくば市 観音台3-1-1
     中央農業総合研究センターA地区4階 419号室(会議室)
 --------------------------------------------------------
 
 Techniques to reduce use of chemical pesticides in China
 Ma. Chunsen
 Institute of Agricultural Environment and Sustainable Development,
 Chinese Academy of Agricultural Sciences
 
  Decision support system (DSS) and its application in IPM: To
 reduce the unnecessary application of pesticides, a decision
 support system (DSS) was constructed in wheat aphid control.
 Extreme high temperatures are newly found as a key factor for the
 population control of cereal aphids. These experimental results
 were used to build survival and reproduction models. The
 temperature experienced by aphids during their development was
 tracked with the boxcar model and used to compute lifetime
 fecundity. The model is robust to simulate high, medium and low
 densities of cereal aphids. In comparison to already existing
 simulation models for cereal aphids, this model has significant
 high level of accuracy and require relative simple input data.
  Non-chemical methods in pest management: 1) Daily rhythm of
 phototaxy flight and beneficial saving light trap. 2) Effect of
 high temperature on survival of melon aphid and its application in
 aphid control. 3) White fly control by using repellent plant in
 green house. 4) Other non-chemical method used in plant
 protection in China.
 ----------------------------------------------------
 
 ハダニの捕食性天敵であるケシハネカクシ類の生態について
 下田武志
 中央農研・虫害防除部・生物防除研究室
 
  日本にはハダニの捕食者として2種類のケシハネカクシ(ヒメハダニカブ
 リケシハネカクシOligota kashmirica benefica(以下OKB)とハダニカブリ
 ケシハネカクシO.yasumatsui)が知られている。ケシハネカクシ類(特に
 OKB)は果樹の重要害虫であるナミハダニやカンザワハダニ、ミカンハダニ
 などの有力土着天敵であると考えられてきたが、簡易増殖法が確立されてい
 ないなどの理由により、その生態は未だ十分に解明されていない。演者は
 OKBの研究を10年以上にわたって行うことで、果樹園やその周辺植生での発
 生生態の一部(移動分散を含む)を明らかにし、発育・捕食・産卵などに関
 するパラメーターを得るとともに、採餌行動や産卵行動に関する行動特性な
 どを明らかにしてきた。それらの一部を紹介するとともに、将来の応用研究
 に向けての課題点などについて議論したい。
 --------------------------------------------------------
 
                        (中央農研 吉田睦浩)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■                                 ■
■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、          ■
■ 常任評議員会の承諾を得て、ホームページ委員会が配信しています。 ■
■                                 ■
■ 本メールに関するお問い合わせは、                ■
■ mailto:odokon-admin@ml.affrc.go.jp まで お願いいたします。  ■
■                                 ■
■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.ac.affrc.go.jp/ja/ ■
■                                 ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »