2004年10月16日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 015号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「お知らせメール」 2004/10/16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■1 次期執行部が決まりました
■2 J-STAGEヒット数月別データ(10月版)
■3 人材募集情報 - 京都工芸繊維大学・応用生物学科 教授 -
■4 会員からの情報提供 - 日本学術会議シンポ -
■5 会員からの情報提供 - 第14回天敵利用研究会 -
■6 会員からの情報提供 - 中央農研虫害防除部セミナー -
■7 会員からの情報提供 - 岡山大学第204回昆虫学土曜セミナー -

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1 次期執行部が決まりました

 9月に行われた会長・評議員選挙に続き、次期会長により国見裕久さんが
 副会長に指名されました。会長が指名した常任評議員に対する新評議員の
 信任投票と会計監査選挙の開票が10月8日に行われました。4名の常任評議
 員が信任され、岩淵喜久男さんと川崎建次郎さんのお二人が会計監査に選
 出されました。改訂会則により、編集委員長には石川幸男さん、事務長に
 は戒能洋一さん、事務次長には小滝豊美さんが指名・委嘱されました。
 
 次期役員(確定):
    会長:     田付貞洋
    副会長:    国見裕久
    常評(会計): 足立礎
     同 (総務): 後藤千枝
     同(書記・HP):守屋成一
     同 (渉外): 沼田英治
    編集委員長:  石川幸男
    事務長:    戒能洋一
    事務次長:   小滝豊美
    会計監査:   岩淵喜久男、川崎建次郎
 
 まもなく次期編集委員の選任が始まります。編集委員長から依頼があったら、
 是非とも快く引き受けて下さい...
 
                          (事務長 守屋成一)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2 J-STAGEヒット数月別データ(10月版)

 J-STAGEに収載されている会誌へのアクセス数の推移について(2004年10月版)
 を学会HPに掲載いたしました。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。
 ついに英文誌へのアクセス数が、6000を越えました。
 
 http://odokon.ac.affrc.go.jp/ja/whatsnew/041006jstage.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3 人材募集情報 - 京都工芸繊維大学・応用生物学科 教授 -

 京都工芸繊維大学・応用生物学科・応用生物科学講座の教授公募情報が
 来ています。締め切りは11月8日必着、採用予定日は平成17年3月1日 です。
 詳細は、京都工芸繊維大学ホームページおよび研究者人材データベース
 JREC-IN をご覧下さい。
 
 京都工芸繊維大学ホームページ・教官公募情報
 http://www.kit.ac.jp/koubo/index.html
 
 研究者人材データベース JREC-IN
 http://jrecin.jst.go.jp/
 No. D104090386 で検索してください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■4 会員からの情報提供 - 日本学術会議シンポ -

 下記のとおり日本学術会議 植物防疫研究連絡委員会によるシンポジウムを
 開催します。皆様のご参加をお待ちしております。
 
 日本学術会議
 第8回 植物保護・環境 シンポジウム
 導入生物・遺伝子のリスク評価と管理
 日時:平成16年11月5日(金) 13:00~17:00
 場所:日本学術会議講堂(地下鉄千代田線乃木坂駅下車 徒歩1分)
 プログラム:
 
 1.総論              福山大学      大川 秀郎 委員
 
 2.1. 輸入生物(天敵など)のリスク 環境研究所     五箇 公一 氏
 
 2.2. 輸入生物(植物)のリスク   畜産草地研究所   黒川 俊二 氏
 
 3. 遺伝子組換え作物のリスク    農業生物資源研究所 田部井 豊 氏
 
 4. リスク評価と管理        農業環境技術研究所 山村 光司 氏
 
 5. 開発企業での遺伝子組換え作物のリスク管理に対する取り組み
                   日本モンサント   山根 精一郎 氏
 
 6. 総合討論
 
 講演要旨集:無料
 
 参加:一般公開で参加費無料(事前申し込みの必要はありません)
 
 問合せ先:〒183-8509 東京都府中市幸町3-5-8
      東京農工大学農学部応用生物科学科  寺岡 徹
      Tel & Fax:042-367-5692
      E-Mail:teraoka@cc.tuat.ac.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■5 会員からの情報提供 - 第14回天敵利用研究会 -

 第14回天敵利用研究会 宮崎大会の開催案内を間もなく送付!!
 ホームページ開設しました。
 http://www16.ocn.ne.jp/~tenteki/
 
  先に御案内しましたように、開催は11月29日午後~30日午前の二日間を
 予定しております。皆様奮ってご参加下さい。大会事務局の不手際により
 御案内が遅くなりましたことお詫びいたします。
  なお、天敵利用関連の生産農家や普及員の皆さんの関心が高いセイヨウ
 オオマルハナバチに関連した講演もお待ちしております。
  台風の繰り返しの襲来で生産現場も研究現場もさんざんな年ですが、天
 敵利用がより多くの地域、生産農家で普及していくための取り組み、また
 天敵に関する新しい興味深い知見も含めて、有意義な大会にしたいと考え
 ています。
 
      (宮崎大会事務局 大野和朗、宮崎大学農学部食料生産科学科)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■6 会員からの情報提供 - 中央農研虫害防除部セミナー -

 中央農業総合研究センター虫害防除部では、下記のセミナーを開催いたします。
 みなさま多数の参加をお待ちしております。
 
 第31回 中央農研虫害防除部セミナー
 
 日時: 2004年10月27日(水) 15時から
 場所:     中央農業総合研究センターA地区4階 419号室(会議室)
        (茨城県つくば市観音台3-1-1 TEL:029-838-8838)
 演者:
 
 ・森本信生(中央農研 虫害防除部 虫害防除システム研究室)
 「栃木県の放牧地におけるアブ相と周囲の植生との関係」
 
 ・渡邊朋也(中央農研 虫害防除部 虫害防除システム研究室)
 「クモヘリカメムシの発生動態
  とくに越冬世代成虫の休眠覚醒と寄主植物への移動時期」
 
                         (中央農研 石崎摩美)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■7 会員からの情報提供 - 岡山大学第204回昆虫学土曜セミナー -

 タイトル: シロアリの単為生殖と性比の進化
 講演者: 松浦健二(岡山大学農学部)
 日時: 2004年11月20日(土)14:00~17:00
 場所: 岡山大学資源生物科学研究所(大会議室2F)
 
 尚詳しくはHPをご覧ください。
 http://www.agr.okayama-u.ac.jp/LIPM/seminar.html
 
                         (岡山大学 中筋房夫)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■                                  ■
■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、           ■
■ 常任評議員会の承諾を得て、ホームページ委員会が配信しています。  ■
■                                  ■
■ 本メールに関するお問い合わせは、                 ■
■ mailto:odokon-admin@ml.affrc.go.jp まで お願いいたします。   ■
■                                  ■
■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.ac.affrc.go.jp/ja/  ■
■                                  ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »