2006年07月19日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 081号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「お知らせメール」 2006/07/19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■1 会員からの情報提供 -農業環境技術研究所 
■ 生物多様性研究領域特別セミナー-
■2 会員からの情報提供 -第4回農薬バイオサイエンス研究会-
■3 人材募集情報 -鹿児島大学 助教授-

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 農業環境技術研究所 生物多様性研究領域特別セミナー

オレゴン大学のJepson教授が,第 11回 IUPAC 農薬化学国際会議参加の
ため来日されます。Jepson教授は,化学農薬の天敵への影響に関する研究
を主としてされています。せっかくの機会ですので,農業環境技術研究所
生物多様性研究領域の特別セミナーとして,研究内容の紹介をしていただ
く機会を設けました。奮ってのご参加をお願いいたします(すべて英語に
よる講演)。
 なお,終了後ささやかながら懇親会を行います(会費1000円)。参加希
望の方は,準備の都合がございますので,8月1日までに望月(E-mail:

lepi@affrc.go.jp Fax:029-838-8252)まで,お知らせください。
 このセミナーは,天敵利用研究会の協賛です。

生物多様性研究領域特別セミナー「農薬と有用生物」
日時:平成18年8月3日(木)15:00~17:00
会場:農環研5階 中会議室(547号室)
演者:
Paul C. JEPSON (オレゴン大学): Pesticide impacts on biological
control agents: insights from ecotoxicology, landscape ecology
and conservation biology.
池田浩明(生物多様性領域):Effects of rice herbicides on
threatened aquatic plants.
石原 悟(有機化学物質領域):Herbicide effect on aquatic algae.
横山淳志(有機化学物質領域):Susceptibilities of 1st-instar
larvae of caddis fly, Cheumatopsyche brevilineata (Trichoptera:
Hydropsychidae), to several insecticides.

Paul C. Jepson博士の詳細は、以下をご覧ください。
http://emt.oregonstate.edu/faculty/jepson.htm
農業環境技術研究所の所在地などの情報は,以下をご覧ください。
http://www.niaes.affrc.go.jp/outline/map2006.html

(農業環境技術研究所 望月 淳)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2 第4回農薬バイオサイエンス研究会
- IUPAC 農薬化学国際会議 2006 神戸サテライトシンポジウム -

http://wwwsoc.nii.ac.jp/pssj2/kai/biosci/biosci04.html

主催:日本農薬学会農薬バイオサイエンス研究会

日時:2006年8月3日(木)13:30~17:00
会場:東京大学 弥生講堂 一条ホール
   (東京都文京区弥生 1-1-1)

プログラム:
13:30 - Opening remarks
13:35 - Metabolism of secondary metabolites in plant
defense reaction
石原 亨 先生(京都大学)
14:10 - Phytotoxins produced by phytopathogenic
Streptomyces spp. and their application
夏目 雅弘 先生(東京農工大学)
14:45 - Transgenes for Weed Management
    Dr. Steve Duke (USDA)
15:25 -
15:40 - Molecular components of sex pheromone production
in the silkmoth, Bombyx mori
    松本 正吾 先生(理化学研究所)
16:20 - Recent advances in growth regulating insecticide
mode of action
    Prof. Reddy Palli (University of Kentucky)

参加費:無料 (要旨集は実費)

問い合わせ先:
 農業生物資源研究所 塩月 孝博  shiotsuk@affrc.go.jp
 Tel. 029-838-6079

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3 人材募集情報    - 鹿児島大学 助教授 -

 鹿児島大学農学部生物生産学科病害虫制御学講座の助教授が公募されて
います。応募希望の方は下記のウェブページ
にアクセスして内容をお確かめください。
公募期限は、2006年8月18日(金)必着です。

http://hh.kuas.kagoshima-u.ac.jp/saiyou/060629seibutu.pdf

                     (鹿児島大学 津田勝男)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■                                ■
■ 本メールは,日本応用動物昆虫学会会員の方へ,         ■
■ 常任評議員会の承諾を得て,電子広報委員会が配信しています。  ■
■                                ■
■ 本メールに関するお問い合わせは,               ■
■ mailto:aez_sg@naro.affrc.go.jp まで お願いいたします。   ■
■                                ■
■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.org/  ■
■                                ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »