2007年08月09日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 129号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「お知らせメール」 2007/08/09
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■1 【開催案内】内閣府 気候変動シンポジウム

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 【開催案内】内閣府 気候変動シンポジウム

<タイトル>気候変動緩和策と適応策の最適化を考える-総合的な温暖化
対策への挑戦-

<開催日時>2007年8月20日13時00分~17時30分 (開場12時30分)

<開催場所>内閣府庁舎(本府) 地下講堂

<主 催>内閣府

<プログラム>
分野別報告 (13:10~15:20)
1. 2050年排出削減へのロードマップ
西岡秀三(国立環境研究所)
2. 気候変動が人間活動に及ぼす影響と適応策
三村信男(茨城大学)
3. 豪雨・洪水・土砂災害等の予測と対策
竹内邦良(ICHARM)
4. 気候変動が食糧生産(農林水産業)に及ぼす影響とその適応策
  林陽生(筑波大学)
5. 気候変動の健康影響-感染症と熱波の脅威と対処法-
  押谷仁(東北大学)
6. 緩和策と適応策のべストミックス
丸山康樹(電力中央研究所)

各省の施策の紹介 (15:30~16:30)

パネルディスカッション  (16:40~17:30)

◎参加ご希望の方は,申請フォームに必要事項を記入の上e-mail添付また
はファクシミリで申し込みをする必要があります。必要な方は日本農学会
運営委員 水谷(e-mail: nobuo@affrc.go.jp)までご連絡下さい。

                  (日本農学会運営委員 水谷信夫)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■                                ■
■ 本メールは,日本応用動物昆虫学会会員の方へ,         ■
■ 常任評議員会の承諾を得て,電子広報委員会が配信しています。  ■
■                                ■
■ 本メールに関するお問い合わせは,               ■
■ mailto:manager-AEZ@nias.affrc.go.jp まで お願いいたします。 ■
■                                ■
■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.org/  ■
■                                ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »