2010年03月30日 [これまでの募集・案内]

公開講座「知の市場」の2010年度前期WT131aの受講者募集

WT131a「農薬のベネフィットとリスクの総合管理の実際」

WT131aは次の要項で開講されます。受講をご検討くださいますようお願い申し上げます

講義日時

2010年4月8日〜7月22日 毎週木曜日18:30〜20:30(2時間)、15回講義

開催場所

早稲田大学西早稲田キャンパス (地下鉄副都心線、西早稲田駅直結)

開講機関

早稲田大学規範科学総合研究所 URL: http://www.waseda.jp/prj-iirs/

科目名

WT131a:農薬総合管理 副題:農薬のベネフィットとリスクの総合管理の実際

講師

福山大学グリーンサイエンス研究センター、元住友化学、日本 植物防疫協会、東京都健康安全研究センターに所属の教員、研 究員

科目概要

農薬には殺虫剤、殺菌剤、除草剤、植調剤などがあり、主に農 作物を病害虫や雑草などから保護する目的に使用されている。 かつて、レイチェル・カーソンが著書「サイレント・スプリン グ」(1962)において殺虫剤DDTの広範囲の使用に伴う環境汚 染や野生生物への影響などの諸問題を指摘した。それを契機に 、米国では環境保護庁(EPA)が設立され、日本では新規農薬 のリスク評価・管理の制度が整備された。本科目では農薬のベ ネフィットとリスクの考え方、新農薬の研究開発、効果的な安 全使用、環境生態系と人の健康への影響の評価、環境及び農産 物・食品における残留の実態、並びに、農薬のリスク管理のた めの国際的取組みなどについて理解を深める。

講義内容

「農薬WT131aシラバス(2010年度前期」参照 http://www.chinoichiba.org/2010WT131A.pdf

募集期間

2010年2月1日(月)〜3月31日(水)

受講料

無料

応募方法

http://www.waseda.jp/prj-iirs/sc/pg0203.html から申込

知の市場 公開講座「知の市場」では、他にも多くの科目を開講しています。
詳細は http://www.chinoichiba.org/ を 参照してください。

問い合わせ先

早稲田大学規範科学総合研究所事務局 iirs-info@list.waseda.jp 

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »