2010年07月30日 [これまでの募集・案内]

農薬バイオフロンティアシンポジウム「脱石油社会の基幹産業を担う必須の農業資材・農薬とは」(2010年8月27日)

主催:日本農薬学会
共催:応用動物昆虫学会、日本植物病理学会
協賛:日本雑草学会

日時:平成22年8月27日(金) 10:00〜17:10
会場:九州大学箱崎キャンパス・国際ホール(福岡市東区箱崎6-10-1)
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hakozaki/hakozaki.html
(地図中の50番の建物)

趣旨:
今や農業は、食糧のみならずバイオ燃料等のエネルギーおよび生分解性プラスチック等の化成品の原料生産として脱石油社会の基幹産業となりつつあります.従って,農薬は食用および非食用作物(原料作物)を増産するための戦略とその実践のための必須の農業資材として,その重要性を増しつつあります.一方,農薬は生物防除というその本質的な使命から,生物多様性や環境への影響の問題と切り離す事は出来ません. 人類の持続可能な発展と共生の未来へ向け,食糧と脱石油社会の実現のための作物の安定供給と環境や生物多様性維持・保全を両立させるために,農薬が解決しなければならない課題,特に今後取り組むべき農薬研究についてシンポジウムを開催します.

参加費 : 無料 但し講演要旨集代として2,000円徴収します.事前参加申込みは不要です.
シンポジウム終了後、懇親会を九州大学ファカルティークラブ(箱崎キャンパス)にて開催します(17:30〜).なお,会費(5,000円)は当日徴収します.

問い合わせ先:
〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
九州大学大学院農学研究院 農業薬剤化学研究室 山田直隆
TEL : 092-642-2857,FAX : 092-642-2858
e-mail : n-yamada@agr.kyushu-u.ac.jp
(@(全角)は@(半角)に置き変えてください)

世話人 : 田村廣人(名城大学),塩月孝博(農業生物資源研究所),
山田直隆(九州大学)

なお,詳細は日本農薬学会ウェブサイト
http://wwwsoc.nii.ac.jp/pssj2/calendar/2010/sy100827.html
をご覧下さい.

(農業生物資源研究所 塩月孝博)

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »