2011年01月17日 [お知らせメール]

【応動昆お知らせメール】 286 号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2011/01/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■1 新会長からのご挨拶

■2 常任評議員会および電子広報委員会メンバーの紹介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/odokon/member/ から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 新会長からのご挨拶

明けまして、おめでとうございます。
野菜茶業研究所の河合 章です。
藤崎憲治会長の後を受けて、今年から2年間、会長の職を務めさせて
いただくことになりました。伝統ある日本応用動物昆虫学会の舵取りを
任され、身の引き締まる思いです。

日本応用動物昆虫学会は、1957年に創立され、54年の長い歴史を持つ
学会です。本学会は、時代に即した改革と民主的運営を柱に、これまで
運営されてきました。私も、この良き伝統を守り、活動していきたいと
考えています。

前期執行部は、会長の強いリーダーシップのもと、(1)学会改革の定着と
さらなる発展、(2)昆虫科学の発展、(3)会員の意識向上の3項目を中心
課題として精力的に活動を行ってきました。

学会改革では、Applied Entomology and Zoology誌を本年より
Springer社から出版することとしました。これは、世界に向けて効率的な
情報発信を行う雑誌とし、Impact Factorも国際的レベルに高めることを
目指したものです。しかしながら、海外出版社から出版したことのみで、
これらが達成されるわけではなく、優秀な総説の掲載等、今後も内容の
充実を図っていかなければなりません。また、日本応用動物昆虫学会誌は、
近年、やや停滞傾向にあります。昨年からテクニカルノートも掲載すること
としました。今後、和文誌のあり方の議論を進め、現場に密着した雑誌
として、さらに発展させていく必要があると思います。編集委員長とともに
これらの事項に対応するため、今期から常任評議員1名を「会誌」担当と
しました。また、前期では大会にポスターセッション・ポスター賞の新設、
シンポジウムの実施などの改革を進めました。これらを引き継ぐとともに、
さらに魅力的な大会にする必要があると思います。さらに、公開シンポ
ジウム、研修会、学会からの出版物等により、社会に対してアピールする
ことを追求する必要もあると思います。これらの事項に対応するため、
今期から常任評議員1名を「企画」担当としました。これらの改革により、
時代に即応したフォーカスをより鮮明にし、若い世代に対しても一層の
求心力を持つ学会にしていくことが重要です。

昆虫科学の発展では、昨年7月に昆虫学関連の14学協会の緩い連合組織
である『日本昆虫学連合』が設立されました。本連合は学術社会や一般社会
における昆虫科学の認知度を高める上で重要な役割を果たすものと期待
されます。今後、他の関連学会と密に連携しながら、本連合の本格的活動に
積極的に関わって行きます。日本応用動物昆虫学会は、わが国の昆虫科学の
発展と普及に貢献していくべきであると考えております。

会員の意識向上では、これまでも、学会ウェブサイトの改善、お知らせ
メールの発信、等、電子広報委員会を中心に大変な努力をして頂きました。
今期もこれらをさらに進め、執行部と会員との一層の意思疎通を図っていき
たいと考えております。

世界的な経済破綻の後遺症が続く困難な状況の中で、本学会も多くの重要
課題を抱えております。これらの問題を解決していくためには、会員の皆様
のご理解とご協力が不可欠であります。ご支援のほど、どうかよろしく
お願い申し上げます。
(2011年1月)

(2011-2012会長 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
野菜茶業研究所 河合 章)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2 常任評議員会および電子広報委員会メンバーの紹介

2011~2012年の常任評議員会および電子広報委員会のメンバーは下記の
通りです(敬称略)。
2年間よろしくお願い申し上げます。

【常任評議員会】
会 長:河合 章
副会長:石川 幸男
常任評議員(総務):岩淵 喜久男
常任評議員(企画):後藤 哲雄
常任評議員(広報):本多 健一郎
常任評議員(会誌):日本 典秀
編集委員長:篠田 徹郎
事務長:太田 泉
事務次長:大井田 寛

【電子広報委員会】(委員はABC順)
委員長:本多 健一郎
委員:古川 誠一
委員:北村 登史雄
委員:中 秀司
委員:中野 亮
委員:島 克也
委員:武田 光能
委員:DeMar Taylor
委員:徳丸 晋
委員:芳山 三喜雄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager-AEZ@naro.affrc.go.jp まで お願いいたします。

■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »