2011年12月28日 [これまでの募集・案内]

日本学術振興会国際交流事業国際研究集会のご案内

送粉者の保全に関する国際シンポジウム
「送粉者の保全と持続的利用—グローバルアセスメントをめざしてー」

2012年1月に送粉者の保全に関する国際研究集会を九州大学にて開催いたします。
皆様のご参加をお待ちいたしております。詳細につきましては、シンポジウムのウェブサイトをご覧ください。

開催責任者:矢原 徹一(九州大学)
実行委員:川口 利奈(九州大学)、横井 智之(岡山大学)
開催期間:2012年1月27日(木)〜28日(土) 研究集会
29日(日) 公開講演会
開催場所:九州大学箱崎キャンパス国際ホール(1月27〜28日)
同 馬出キャンパス百年講堂(1月29日)

使用言語:英語(公開講演会は日本語および英語)
会費:無料
参加申し込み:研究集会および公開講演会への参加申し込みは不要です。
ポスター発表:本集会では、送粉者に関するさまざまな研究内容の発表をお待ちしております。希望される方は、2011年12月31日までにタイトルと要旨の事前登録をお願いいたします(詳しくはシンポジウムのウェブサイトをご覧ください)。

問い合わせ:〒 812-8581
      福岡県福岡市東区箱崎6-10-1
      九州大学 理学研究院 生物科学部門
      送粉者保全国際シンポジウム実行委員会
      川口 利奈 
      Tel: 092-642-2751
      Email: pollinatorconservationjp@gmail.com

共催:九州大学(アジア保全生態学GCOE), DIVERSITAS, AP-BON
後援:日本生態学会、日本応用動物昆虫学会


内容
研究集会 
1月27日(金)
10:00 - 10:30 Tetsukazu Yahara & Lina Kawaguchi (Kyushu University)
Introductory Remarks & Objectives
10:30 - 11:20 Jacobus Biesmeijer (NCB Naturalis)
“European pollinators and plants: recent changes in space and time.”
11:20 - 12:20 Lunch
12:20 - 13:10 Bernard Vaissière (French National Institute for Agricultural Research)
“Economic valuation of vulnerability of world agriculture confronted with
pollinator decline.”
13:10 - 14:00 Lucas Garibaldi (Instituto de Investigaciones en Biodiversidady 
Medioambiente)
“Stability of pollination services in agricultural landscapes.”
14:00 - 14:20 Coffee break
14:20 - 15:10 Neal Williams (University of California)
“Bee life history, responses to landscape modification and implications for pollination services at different spatial scales.”
15:10 - 16:00 Saul Cunningham (Commonwealth Scientific and Research Organization) “Pollinators in Australia's agricultural landscapes: What is on the horizon?”
16:00 - 17:00 ポスター発表
18:00 - 20:00 Banquet

1月28日(土)
10:00 - 10:50 Dave Goulson (University of Stirling)
“Landscape ecology and conservation of bumblebees; a UK perspective.”
10:50 - 11:40 滝 久智 (森林総合研究所)
“Pollinator responses to forest management in Japan”
11:40 - 13:00 Lunch
13:00 - 14:10 Cleofas Cervancia & Analinda Manila-Fajardo (University of the Philippines) “Apiculture and crop pollination in south-eastern Asia & Niche differentiation
among pollinator species contributes to their reproductive success”
14:10 - 15:00 Uma Partap (International Centre for Integrated Mountain Development) “Combining conservation of pollinators with the livelihoods of people: managed crop
pollination using native honeybees in Hindu Kush-Himalayan region.”
15:00 - 15:20 Coffee break
15:20 - 16:10 James Cane (Utah State University)
“Native bees for wildflower seed farming and large-scale wildland restoration in the
western USA.”
16:10 - 17:00 多田内 修 (九州大学)
“Role of native bee community in prevention of desertification in Central Asian arid
region: contributions from taxonomy.”
17:00-17:20 Barbara Gemmill-Herren ( Food and Agriculture Organization of the United
Nations)
“International Pollinator Initiative and its interaction with regional initiatives.”
17:20 - 17:50 Discussion
17:50 - 18:00 Closing remarks

1月28日(日)
公開講演会「ハチを語れば、世界が見えるー私たちを取り巻く農業と環境保全の今ー」
13:00 - 13:20横井 智之 (岡山大学)
「はじめに」
13:20 -14:00 五箇 公一 (国立環境研究所)
「セイヨウオオマルハナバチが生態系に及ぼす影響の評価」
14:00 - 14:40光畑 雅宏 (アリスタライフサイエンス株式会社)
「経済活動と環境保全の両立ーマルハナバチを介した企業としての貢献ー」
14:40 - 15:00 Coffee break
15:00 - 15:40中村 純 (玉川大学)
「日本におけるミツバチ不足問題と今後に向けた取り組み」
15:40 - 16:20 Dave Goulson (University of Stirling)
「Bumblebee conservation in practice; the work of the Bumblebee Conservation
Trust.」
16:20 - 17:00 Discussion

( 岡山大学環境学研究科 横井智之)

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »