2013年01月25日 [お知らせメール]

【応動昆お知らせメール】386号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2013/01/24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 1 国立感染症研究所昆虫医科学部研究職員の公募

■ 2 書評執筆者の募集

■ 3 国際昆虫学会議とアメリカ昆虫学会大会のお知らせ

■ 4 むしむしコラム・おーどーこん「コラム」更新のお知らせ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/odokon/member/ から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1 国立感染症研究所昆虫医科学部研究職員の公募

職名: 任期付研究員
募集部署: 昆虫医科学部第三室
応募締切日: 平成25年2月15日(金)
募集人員数: 1名
採用予定日: 平成25年4月1日
任期: 採用予定日より2年間
業務内容: 衛生害虫の殺虫剤抵抗性機構に関する研究,殺虫剤抵抗性を
有する衛生害虫の管理

「応募資格」ならびに募集の詳細は国立感染症研究所ホームページの
「採用情報」(下記)をご覧ください。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/appeal.html

(国立感染症研究所昆虫医科学部第三室(殺虫剤室) 冨田隆史)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2 書評執筆者の募集

下記の2冊の書評(新刊紹介)の執筆者を募集いたします。3月24日までに
執筆可能な方にお願いしたいと思います。書評をお引き受け頂いた方には
お送りした本を差し上げます。応募は、どちらの本をご希望か明記した上で
会誌担当常任評議員の日本( kaishi@odokon.org )までメールにてご連絡
ください。会員の皆様方からの積極的な応募をお待ちしております。応募者
が複数の場合は、その中から1人を選任することになりますので、応募者
全員のご希望に添えないことを予めご了承下さい。

(1)
シロアリの事典
吉村剛・板倉修司・岩田隆太郎・大村和香子・杉尾幸司・竹松葉子・徳田岳
・松浦健二・三浦徹 編
出版社: 海青社
定価 4,410円(本体4,200円)円
A5判/471頁+カラー16頁
ISBN 978-4-86099-260-6(4-86099-260-1)/C3045
刊行 2012年12月

(2)
ダニ・マニア チーズをつくるダニから毒ダニまで
島野智之 著
出版社: 八坂書房
定価 1,995円(本体1,900円)
四六判・並製 216頁
ISBN 978-4-89694-143-2
刊行 2012年12月

(会誌担当常任評議員 日本典秀)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3 国際昆虫学会議とアメリカ昆虫学会大会のお知らせ

次回の国際昆虫学会議(International Congress of Entomology)は、
アメリカ合衆国Florida州Orlandoで2016年9月25日~30日に開催されます。
http://www.ice2016orlando.org/

また、本年のアメリカ昆虫学会(Entomological Society of America)の
大会は、2013年11月10日~13日にTexas州Austinで開催されます。
http://www.entsoc.org/entomology2013

みなさまにこれらの会議と紛らわしい名称の会議の連絡が届くかもしれません
が、それらは国際昆虫学会議ともアメリカ昆虫学会とも一切関係ありません。
ご注意ください。

(国際昆虫学会議評議員 沼田英治)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 4 むしむしコラム・おーどーこん「コラム」更新のお知らせ

2013年01月22日掲載
【研究室紹介: 京都大学大学院理学研究科・動物生態学研究室】
京極大助 (京都大学大学院理学研究科)
URI: http://ecol.zool.kyoto-u.ac.jp/
京都大学大学院 理学研究科 動物生態学研究室は銀閣寺からほど近い吉田キャ
ンパスに位置しています。京都大学では古くから生態学の研究が盛んで、吉田
キャンパスではこのほかに農学研究科や人間・環境学研究科に生態学の研究室
があります。また滋賀県の瀬田には京都大学の生態学研究センターもありま
す。動物生態学研究室はこれらの研究室の中でも最も歴史の長い研究室です。
動物生態学研究室では現在おもに昆虫と魚類を研究の対象としていますが、こ
こでは特に昆虫を扱った研究を紹介します。

全文を読むには
http://column.odokon.org/2013/0122_152506.php をクリックして下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager-AEZ@naro.affrc.go.jp まで お願いいたします。

■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »