2013年01月29日 [お知らせメール]

【応動昆お知らせメール】387号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2013/01/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 1 東京農工大学農学研究院生物システム科学部門教員の公募

■ 2 第60回関東東山病害虫研究会研究発表会(千葉大会)のご案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/odokon/member/ から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1 東京農工大学農学研究院生物システム科学部門教員の公募

公募人員: 助教 1名【ただし、5年任期で再任なし】
所属部局と研究分野: 農学研究院循環生産システム学研究分野
兼務部局: 大学院生物システム応用科学府(生物相関システム学教育研究
分野)および農学部(応用生物科学科)
応募資格:
1. 大学院において生物相関システム分野の教育ができる者。
2. 学部において応用生物科学に関する教育ができる者。
3. 分子生物学と生化学の基礎知識に基づいた昆虫病理学と昆虫生理学に
関する教育と研究ができる者。
4. 博士の学位を有し独創的な研究ができる者。
担当授業科目と職務:
大学院科目: 基礎技術演習Ⅱ、循環生産システム学アドバンスド
学部科目: 応用生物学専門実験Ⅲ
研究室内職務: 学部や大学院の学生に対する教育と自らの研究
応募締切: 2013年2月28日(木)【必着】
着任時期: 2013年6月1日の予定
応募書類:
1. 履歴書(学歴は高等学校入学以降、写真貼付)
2. 研究業績リスト(学術論文、国際会議、著書、総説・解説、特許等に分類)
3. 主要な論文3編の別刷り(コピー可)
4. 競争的研究資金獲得リスト
5. これまでの研究・教育の内容(A4、2枚以内)
6. 今後の研究・教育に関する抱負(A4、2枚以内)
7. 応募者の業績等について問い合わせできる方2名の氏名と連絡先

書類送付および問合わせ先: 〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16
東京農工大学大学院生物システム応用科学府 佐藤令一
http://www.tuat.ac.jp/~rsatolab/ および
http://kenkyu-web.tuat.ac.jp/Profiles/3/0000209/profile.html )。
封筒に「助教応募書類在中」と朱書きし、書留にてご送付ください。
なお、応募書類は返却いたしません。
備考: 選考の過程で面接をお願いすることがあります(旅費や滞在費は
自己負担になります)。また、選考結果については、全ての手続きが終了
するまでお知らせできないことをご了承ください。

(東京農工大学大学院生物システム応用科学府 佐藤令一)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2 第60回関東東山病害虫研究会研究発表会(千葉大会)のご案内

日時: 平成25年3月1日(金)10:00~16:30
会場:
(大会)千葉市文化センター
〒260-0013 千葉市中央区中央2-5-1 TEL 043-224-8211
JR総武線「千葉駅」または 京成千葉線「千葉中央駅」 徒歩10分
(情報交換会)大会会場近隣のホテルを予定(会費は約6000円の見込みです)
特別講演:
「現場における病害虫診断の実態とそこからみえる課題,将来展望について」
上遠野 冨士夫氏 (法政大学)

大会参加および一般講演の申し込み締め切りは 2月1日 です。

詳しい開催案内と参加申込書は研究会ウェブサイトに掲載されています。
http://www.ktpps.org/

(千葉県農林総合研究センター生産環境部病理昆虫研究室 大井田寛)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager-AEZ@naro.affrc.go.jp まで お願いいたします。

■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »