2013年05月02日 [書籍紹介]

『昆虫と害虫-害虫防除の歴史と社会』小山重郎著、278頁、築地書館、2013年5月15日発行

目次:プロローグ/アワヨトウ大発生の謎/農薬のヘリコプター散布を減らすために/沖縄のミバエ類の根絶防除/世界のミバエ類防除/森は病んでいる/再び田んぼへ/昆虫を害虫にしない社会を

 著者の小山重郎博士は1961年に秋田県農業試験場に勤務して以来、50年余り害虫防除に携わり、いろいろな害虫とつきあってきたが、「害虫は社会が生みだすものである」という考えに到達した。本書は、著者がいかにしてこの考えに至ったかを述べたものである。総合的有害生物管理(IPM)が叫ばれてから久しいが、害虫防除はいまだに農薬散布が主流である現在、「昆虫を害虫にしない社会」を目指す著者の考え方は、将来の害虫問題解決に一石を投ずるものであろう。
下記に注文すれば、著者割引で出版社より送本される。

注文先:小山重郎 〒981-3125仙台市泉区みずほ台11-1-803
Tel & Fax: o22-773-5223 (一文字目はo(オー)にしてあります)
E-mail: jkoyama@ca.wakwak.com (@は全角にしてあります)

定価:本体2,600円+税、割引価格:2,184円(税込み)+送料実費
料金後払い(送付時に郵便振替用紙を同封)

(中央農業総合研究センター 守屋成一)

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »