2014年06月09日 [これまでの募集・案内]

特別研究員・高度技能専門員の募集【国立環境研究所:五箇主席研究員室】

 国立環境研究所では、生物多様性保全事業の一環として外来種や農薬などの人為的環境撹乱要因による生物多様性影響評価研究を進めています。
 具体的には外来生物の生態リスク評価、侵入・分布拡大プロセスの解明、検疫・防除技術の開発を行い、環境省の外来生物法に対して科学的支援を行っています。
 また近年、問題視されているネオニコチノイドを含む様々な農薬による生物多様性影響に関する科学的データを、室内毒性試験、メソコズム試験、フィールド調査を通じて収集して、農薬のリスク管理手法を開発・提言して、環境省の農薬管理政策に貢献することを目指しています。
 今年度より、以下の環境省事業が開始されることとなり、新たに特別研究員(ポスドクフェロー)および高度技能専門員を募集することとなりました。詳しい募集要項に付いては、以下の国立環境研究所HPのURLをご参照下さい。

● 環境省環境研究総合推進費課題4-1401「特定外来生物の重点的防除対策のための手法開発」
● 環境省環境研究総合推進費課題5-1403「ネオニコチノイド農薬による陸域昆虫類に対する影響評価研究」(サブテーマ「マルハナバチ類に対する影響評価」担当)
● 環境省委託事業「平成 26 年度農薬の環境影響調査業務」

・H26-研-028
外来生物および農薬の生物多様性への影響評価研究
http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/index.html#tab2
http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/20140605.pdf

・H26-高-035
外来生物および農薬の生物多様性への影響評価に関する調査業務
http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/index.html#tab3
http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/20140605-2.pdf

以上、奮ってご応募頂きますようお願い申し上げます。

(国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 五箇公一)

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »