2014年10月08日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 458号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2014/10/08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 1 2015年(前期)国際交流基金による派遣候補者の募集について
■ (締切延長)

■ 2 第24回天敵利用研究会大会の参加申込締切の延長

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/acpartner/odokon/ から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1 2015年(前期)国際交流基金による派遣候補者の募集について
  (締切延長)

2015年前期(1月~6月)に海外で開催される研究集会への派遣助成金の
募集は2014年10月31日(金)を応募書類の提出締め切り(学会事務局必着)
とします。ふるってご応募下さい。
希望者は、応募書類を学会事務局
郵送の場合:〒114-0015東京都北区中里2-28-10 日本植物防疫協会内
電子メールの場合:manager-AEZ(at)ffpri.affrc.go.jp
宛にお送り下さい。(@は(at)に変えてあります)
なるべく電子メールにWord又はpdfファイルを添付する形でお送り下さい。
選考は「賞および奨励金等候補者選考委員会」が行います。
応募の際には、応動昆ウェブサイト http://odokon.org/ をご参照下さい。
様式が改訂されましたので、ご注意下さい。
助成金額は、原則として欧米(イスラエル、エジプトなどを含む)10万円、
南米、アフリカ15万円、南、東南アジア5万円、東アジア3万円、オセアニア
7万円の予定です。

(事務長 高梨琢磨)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2 第24回天敵利用研究会大会の参加申込締切の延長

下記の通り、12月1~2日に福岡県にて、第24回天敵利用研究会大会が開催さ
れます。一般講演の受付は10月3日に締め切りましたが、参加申込み受付は
10月24日まで延長します。関心のある方は是非お申し込み下さい。

・第24回大会ホームページ
http://wiki.tenteki.org/index.php
(ページ左の「天敵利用研究会/第24回」をクリック)

・日時 平成26年12月1日(月)~2日(火)

・場所(大会)都久志会館
   福岡県福岡市中央区天神4丁目8-10 TEL: 092-741-3335
  (懇親会)GRANADA SUITE
   福岡県福岡市博多区中洲5丁目-3-8 TEL: 092-283-5270

・内容 12月1日午後にシンポジウム、以後12月2日にかけて一般研究発表
   ・シンポジウムテーマ
     天敵活用技術の最前線 ~地域に根ざしたIPM~
   ・座長
     大野和朗(宮崎大学)
   ・講演者、演題
     手柴真弓(福岡県農林業総合試験場)
      「天敵を利用したカキのフジコナカイガラムシ防除」
     大保勝宏(鹿児島県曽於畑地かんがい農業推進センター)
      「土着天敵を活用した志布志ピーマンの取組」 
 
  シンポジウムでは総合討論に重点を置き、多めに時間を割いて、
  天敵利用の現状や今後の課題について、たっぷり議論します。

・問い合わせ先 (大会事務局)
   〒818-8549 福岡県筑紫野市大字吉木587 
   福岡県農林業総合試験場・病害虫部 角重 和浩、柳田 裕紹
   TEL: 092-924-2938 FAX: 092-924-2981
   e-mail: yanagi-h(at)farc.pref.fukuoka.jp
   (@は(at)に変えてあります)

(近畿中国四国農業研究センター 安部順一朗)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager-AEZ(at)ffpri.affrc.go.jp までお願いいたします
■ (@は(at)に変えてあります)。

■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »