2015年06月05日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 492号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2015/06/05
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 1 微小害虫診断・同定研修(サビダニ類に関する講習会)のお知らせ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/acpartner/odokon/ から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.微小害虫診断・同定研修(サビダニ類に関する講習会)のお知らせ

 主催:法政大学植物医科学センター
 共催:日本ダニ学会
 後援:日本応用動物昆虫学会

 法政大学植物医科学センターでは、広く一般の人を対象に病害虫に関する
研修を実施しています。アブラムシ類、カイガラムシ類、コナジラミ類、ア
ザミウマ類などの昆虫やハダニ類、コナダニ類、サビダニ類などのダニ類は
微小害虫と言われ、植物に寄生して様々な被害を出すだけでなく、中にはウ
イルス病の媒介者として問題になっています。また、年間世代数が多いこと
から、薬剤抵抗性が発達しやすく、難防除害虫として生産現場で恐れられて
います。これらの微小害虫を防除するためには、まずは、種や系統の正確な
診断・同定が不可欠です。
 そこで、今回は、微小害虫の中で、特に最近、生産現場等で問題になって
いるサビダニ類を取り上げ、分類・同定と標本作製法について研修をおこな
います。

 ●日時:7月28日(火)13時00~16時30分
 ●場所:法政大学植物医科学センター
    (法政大学小金井キャンパス東館5階;JR東小金井駅下車徒歩15分;
     東京都小金井市梶野町3-7-2)
     http://depcps.ws.hosei.ac.jp/wp/access
 ●受講人数:12名(申し込み先着順)
 ●講師:上遠野冨士夫(法政大学生命科学部)
 ●研修内容
  (1)講義 サビダニ類の形態、分類、生態について
  (2)実習 サビダニ類のプレパラート標本作製法、SEMによる観察

 ●参加費:一般 6,000円
    日本ダニ学会・日本応用動物昆虫学会会員  5,000円
    *参加費は当日受付にて徴収します(キャンセルは7月10日までに
     お願いします。)

 申し込み方法:法政大学植物医科学センターのウェブサイト
       (研修申込みフォーム)
       http://cpscent.ws.hosei.ac.jp/wp/event/3463.html
       からお申込みください。

  なお、定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。また、
 応募多数の場合は、先着順とさせていただきますのでご了承ください。

             (法政大学生命科学部  上遠野 冨士夫)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager-AEZ(at)ffpri.affrc.go.jp までお願いいたします
■ (@は(at)に変えてあります)。

■ 日本応用動物昆虫学会website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »