2015年10月05日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 508号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2015/10/5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■1. 公開シンポジウム「農学教育の未来ビジョン」のお知らせ

■2.農業環境技術研究所公開セミナーのお知らせ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/acpartner/odokon/ から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.公開シンポジウム「農学教育の未来ビジョン」のお知らせ

本年度からJABEE農学系分野の担当をさせて頂いております農工大の仲井です。10月12日に、公益財団法人農学会が、公開シンポジウム「農学教育の未来ビジョン」を開催します。
 本シンポジウムでは、「これからの農学教育の方向性」、「特色のある農学教育」、「農学部は、社会に有益な人材を送り出しているのか?」がテーマになります。 全分野に共通する高等教育の状況と質保証についての講演もあります。是非、応動昆会員からもご参加いただけますようお知らせ頂けると幸いです。

• 開催日時:平成27年 10月12日(月曜日-祝日)10:00~17:00
  • 開催会場:東京大学農学部 弥生講堂一条ホール
• お問い合せ先:公益財団法人農学会 事務局
(Tel)03-5842-2210
 (E-Mail)zaidan@nougakkai.or.jp
詳細と参加のお申し込みは、公益財団法人農学会ホームページをご覧ください。
http://www.nougaku.jp/sympo.html

               (東京農工大学・ 仲井まどか)
------------------------------------------------------------------

2.農業環境技術研究所公開セミナーのお知らせ

国立研究開発法人
農業環境技術研究所では、環境にやさしい農業生産に向けて、農地における植物・昆虫・微生物の相互作用と役割に関する研究を行っております。このたび、最近の研究成果をご紹介する公開セミナーを企画しました。

農業環境技術研究所公開セミナー 「農地にすむ生物の能力を利用した環境にやさしい農業生産に向けて~生物が作る化学物質や酵素の働きと利用~」
開催日時:平成27年11月26日(木曜日) 13時 - 17時
開催場所:秋葉原コンベンションホール
参加費:無料

詳細は以下をご覧ください。
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h27/20151126.html

多くの方のご参加をお待ちしております。

             (農業環境技術研究所 釘宮 聡一)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager(at)odokon.org までお願いいたします
■ (@は(at)に変えてあります)。

■ 日本応用動物昆虫学会website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »