2016年02月27日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 533 号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2016/2/27
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ セミナーのご案内
■ 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/acpartner/odokon/ から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セミナーのご案内

学会会員の皆様

 この度東京大学先端科学技術研究センター神崎研究室では、Oxford大学の
Wyatt Tristram先生をお招きし、下記の要領でセミナーを開催いたします。
 多数の皆様のご来聴をお待ちいたしております。

日時:2016年3月4日(金) 午後1時30分から3時
場所:東京大学先端科学技術研究センター3号館南棟中2階セミナー室
  (http://www.brain.rcast.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

Speaker: Dr. Tristram Wyatt (Department of Zoology, University of Oxford)

Title: Success of the smelliest: how pheromone signals evolve

Abstract: Pheromones are evolved signal molecules produced, for
example, by all male moths in a species or all female rabbits. Aquatic
animals like newts and lobsters also use pheromones. Pheromones
offer remarkable opportunities to study the evolution of signals and
changes in signal and receiver during speciation, from enzyme pathways
to receptors and neurons, at every level from genes to populations.
But do humans have pheromones?

本セミナーに関する問い合わせ先   櫻井健志
電話:03-5452-5198
Eメール:sakurai@brain.imi.i.u-tokyo.ac.jp

          (神崎亮平 東京大学 先端科学技術研究センター)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager(at)odokon.org までお願いいたします
■ (@は(at)に変えてあります)。

■ 日本応用動物昆虫学会website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »