2016年03月05日 [学会からのお知らせ]

ICE2016における昆虫科学連合主催サテライトシンポの御案内

今年の9月25日からアメリカ合衆国オーランドで開催される
国際昆虫学会議ICE2016の第一日目に、日本昆虫科学連合は
サテライトシンポジウムを開催します。

ICE2016ウェブサイトの Co-located events
http://ice2016orlando.org/about/co-located-events/
を御参照ください。

本連合に所属する学協会の会員の中から9名の方にお願いして、
昆虫学の最先端の研究成果を紹介していただく予定です。
プログラムを下に示しましたので、ご覧ください。

本連合主催のサテライトシンポジウムに引き続き
アメリカ昆虫学会のOpening Plenary Sessionが開催され、
その後、アクアポリンの発見でノーベル化学賞を2003年に受賞された
Peter Agre博士の御講演(ICE Opening Plenary)、
そしてWelcome Receptionへと続きます。

ICE206に参加される皆様におかれましては是非、本連合主催の
サテライトシンポジウムにも御参加いただきますよう御案内
申し上げます。

--------------------------------------------------
2016年9月25日(現地時間)
0:30 pm - 3:40 pm 昆虫科学連合のサテライトシンポジウム
  "Recent Advances in Entomology in Japan"

4:00 pm – 5:30 pm  ESA Opening Plenary Session

6:00 pm – 7:30 pm  ICE Opening Plenary
  ノーベル化学賞受賞者 Peter Agre博士の講演

7:30 pm – 9:30 pm  Welcome Reception
--------------------------------------------------


<サテライトシンポジウムプログラム>
Recent Advances in Entomology in Japan -- Ecology and Reproductive Biology

Time: September 25 12:30 – 15:40
Organized by The Union of Japanese Societies for Insect Sciences

Session I Ecology
Co-chaired by Dr. C. Schal (North Carolina State University, USA) and
Dr. Y. Ishikawa (University of Tokyo, Japan)

Dr. K. Matsuura (Kyoto University)
Title: Centralized and decentralized organization mediated by
pheromone communication in termite society

Dr. M. Tokuda (Saga University)
Title: The mechanism and adaptive significance of host manipulation by insects

Dr. T. Takanashi (Forestry and Forest Products Research Institute)
Title: Vibration signals in cerambycid beetles and their application
to pest control

Dr. N. Mori (Kyoto University), N. Shimizu (Kyoto Gakuen University),
Y. Kuwahara (Kyoto Gakuen University)
Title: Unique chemistry in mites

Dr. A. Wada-Katsumata (North Carolina State University, USA)
Title: An adaptive gustatory change confers behavioral resistance to
toxic baits and alters mate choice

Break

14:20 -
Session II Reproductive Biology
Co-chaired by Dr. F. Marek (Institute of Entomology, Czech Republic)
and Dr. T. Shimada (University of Tokyo, Japan)

Dr. S. Katsuma (University of Tokyo)
Title: Sex determination and dosage compensation cascades in the
silkworm, Bombyx mori

Dr. K. Sahara (Iwate University)
Title: Sex chromosome evolution in Lepidoptera

Dr. T. Fukatsu (AIST, University of Tokyo, University of Tsukuba)
Title: Mechanisms of vertical symbiont transmission upon insect reproduction

Dr. K. Maeto (Kobe University), Dr. K. Miura (NARO, Hiroshima University)
Title: Evolution of asexual reproduction in parasitoid wasps


(日本昆虫科学連合 代表 多田内 修、副代表 石川 幸男)

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »