2016年03月07日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 534号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2016/3/7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ ICE2016における昆虫科学連合主催サテライトシンポの御案内
■ 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/acpartner/odokon/ から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ICE2016における昆虫科学連合主催サテライトシンポの御案内

 今年の9月25日からアメリカ合衆国オーランドで開催される国際昆虫学
会議ICE2016の第一日目に、日本昆虫科学連合はサテライトシンポジウ
ムを開催します。

 ICE2016ウェブサイトの Co-located events
 http://ice2016orlando.org/about/co-located-events/
 を御参照ください。

 本連合に所属する学協会の会員の中から9名の方にお願いして、
昆虫学の最先端の研究成果を紹介していただく予定です。
 プログラムを下に示しましたので、ご覧ください。

 本連合主催のサテライトシンポジウムに引き続きアメリカ昆虫学会の
Opening Plenary Sessionが開催され、その後、アクアポリンの発見
でノーベル化学賞を2003年に受賞されたPeter Agre博士の御講演
(ICE Opening Plenary)、そしてWelcome Receptionへと続きます。

 ICE206に参加される皆様におかれましては是非、本連合主催のサテ
ライトシンポジウムにも御参加いただきますよう御案内申し上げます。

--------------------------------------------------
2016年9月25日(現地時間)
0:30 pm - 3:40 pm 昆虫科学連合のサテライトシンポジウム
  "Recent Advances in Entomology in Japan"

4:00 pm – 5:30 pm  ESA Opening Plenary Session

6:00 pm – 7:30 pm  ICE Opening Plenary
  ノーベル化学賞受賞者 Peter Agre博士の講演

7:30 pm – 9:30 pm  Welcome Reception
--------------------------------------------------


<サテライトシンポジウムプログラム>
Recent Advances in Entomology in Japan
              -- Ecology and Reproductive Biology

Time: September 25 12:30 – 15:40
Organized by The Union of Japanese Societies for Insect Sciences

Session I Ecology
Co-chaired by Dr. C. Schal (North Carolina State University, USA) and
Dr. Y. Ishikawa (University of Tokyo, Japan)

Dr. K. Matsuura (Kyoto University)
Title: Centralized and decentralized organization mediated by
   pheromone communication in termite society

Dr. M. Tokuda (Saga University)
Title: The mechanism and adaptive significance of host manipulation
   by insects

Dr. T. Takanashi (Forestry and Forest Products Research Institute)
Title: Vibration signals in cerambycid beetles and their application
   to pest control

Dr. N. Mori (Kyoto University), N. Shimizu (Kyoto Gakuen University),
Y. Kuwahara (Kyoto Gakuen University)
Title: Unique chemistry in mites

Dr. A. Wada-Katsumata (North Carolina State University, USA)
Title: An adaptive gustatory change confers behavioral resistance
   to toxic baits and alters mate choice

Break

14:20 -
Session II Reproductive Biology
Co-chaired by Dr. F. Marek (Institute of Entomology, Czech Republic)
and Dr. T. Shimada (University of Tokyo, Japan)

Dr. S. Katsuma (University of Tokyo)
Title: Sex determination and dosage compensation cascades in the
   silkworm, Bombyx mori

Dr. K. Sahara (Iwate University)
Title: Sex chromosome evolution in Lepidoptera

Dr. T. Fukatsu (AIST, University of Tokyo, University of Tsukuba)
Title: Mechanisms of vertical symbiont transmission upon insect
   reproduction

Dr. K. Maeto (Kobe University), Dr. K. Miura (NARO, Hiroshima University)
Title: Evolution of asexual reproduction in parasitoid wasps


            (日本昆虫科学連合 代表   多田内 修
                      副代表 石川  幸男)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto: manager(at)odokon.org までお願いいたします
■ (@は(at)に変えてあります)。

■ 日本応用動物昆虫学会website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »