2016年03月30日 [学会からのお知らせ]

日本比較生理生化学会主催シンポジウムのご案内

12年ぶりに日本(横浜)で開かれる国際嗅覚味覚シンポジウムISOTに続く日程で、東京大学先端科学技術研究センターにおいて、日本比較生理生化学会主催の国際シンポジウム”Environmental Sensing and Animal Behavior”を開催いたします。詳細はこちらもご覧ください(http://jscpb.org/ja/23815/)。

○日時:2016年6月10日(金)PM-11日(土)
○場所:東京大学駒場キャンパス先端研(RCAST) 駒場IIキャンパス3号館南棟
○参加申し込み:以下の様式でeメイルテキストメッセージに記入したうえ、件名 「JSCPBシンポ参加」として<jscpbsasaki@gmail.com
>へ送信してください。
参加申し込み締め切り 4月25日(月)
*参加、発表ともに比較生理生化学会の会員である必要はございません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

First name / Middle name / Last name
___________/____________/____________
Title □Prof □Dr □Mr □Ms □Other ( )
Nationality □Japan □Other ( )
Affiliation:____________________________
Address:_____________________________
____________________________________
e-mail address:_______________________
Phone / Fax number:___________________
Presentation □Oral □Poster □No presentation
Tentative title of presentation _____________________________________

発表形式は場合によっては希望に添えないことがありますのでご了承ください。
○参加費:3,000円(学生500円)当日受付で支払
○発表要旨提出:添付ワードファイル
 A4 半ページに納まるように英語で記入したうえ
       1行目 タイトル(16 point)/
       2行目 あけ
3行目 著者・所属 (14 point)/
4行目 あけ
       5行目以下 要旨本文 (14 point)
   件名 「JSCPBシンポ要旨」として
   <
jscpbsasaki@gmail.com>へ送信ください。

   要旨提出締め切り 4月30日(土)

シンポジウム趣旨:
Animals show a variety of behavior in the environment filled with multimodal information. Human beings recognize the world mainly by vision, but many other animals recognize the world by chemical senses, mechanical senses, etc. Some can produce bioluminescence pheromone or acrostic signs to form communication network in the environment. June 2016, focusing on “environmental sensing and animal behaviors”, we shall gather and discuss the recent progress of researches and stimulate each other for future activities from the general and the comparative points of view.

The President of JSCPB
Dr. Mamiko Ozaki
________________________________

平成28年 3月30日

日本比較生理生化学会 事務局
E-mail:
office@jscpb.org
所在地等: http://jscpb.org/ja/23809/


(東大先端研 櫻井健志)

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »