2016年10月15日 [お知らせメール]

【応動昆 お知らせメール】 582号

日本応用動物昆虫学会会員の皆さまへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「お知らせメール」 2016/10/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 目次 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 農研機構 平成29年4月1日採用 若手任期付研究員募集のお知らせ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●会員情報変更は https://service.dynacom.jp/odokon/member/ から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
農研機構 平成29年4月1日採用 若手任期付研究員募集のお知らせ

農研機構では、現在若手任期付研究員の公募を行っております。
対象は、博士の学位を有する者、取得見込者またはこれと同等の能力を有する者で、
約20のポストのうち4つが虫害、鳥獣害研究に関連するポストとなっております。
応募資格をお持ちの会員のみなさまには積極的な応募をぜひお願いします。
また、応募にふさわしい方への情報提供もどうぞよろしくお願いします。

採用予定の研究所と課題名

北海道農業研究センター:ジャガイモシストセンチュウ類の根絶に資する線虫
生態の解明および検出技術の開発

中央農業研究センター:追い払いや環境管理手法等によるニホンザル被害対策の
有効性検証と対策の導入、継続に関する意思決定指針の策定

九州沖縄農業研究センター:トビイロウンカの増殖を許容する水稲品種の物質・
遺伝子レベルでの要因解明と被害低減技術の開発

果樹茶業研究部門:輸出用茶葉生産に対応した新たなチャ害虫総合管理体系の確立

詳しくは、下記の農研機構採用情報のサイトをご覧ください。
http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/2016/10/071534.html

(中央農業研究センター 後藤千枝)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 本メールは、日本応用動物昆虫学会会員の方へ、
■ 常任評議員会の承諾を得て、電子広報委員会が配信しています。

■ 本メールに関するお問い合わせは、
■ mailto:)manager(at)odokon.org まで お願いいたします。
■ (@は(at)に変えてあります)
■ 日本応用動物昆虫学会 website http://odokon.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

« 前の記事 | TOPに戻る | 次の記事 »