書籍紹介

ここでは、応用動物昆虫学およびこれに関連する分野の書籍を紹介します。新刊・既刊・自薦・他薦問いませんが、書籍紹介の原稿執筆・依頼は、会員の方に限らせていただきます。掲載希望の方は、原稿・書籍情報とともにお問い合わせフォームを利用してご連絡下さい。また、新刊の紹介原稿は「お知らせメール」で配信させていただくことも可能です。

2016年12月23日

鱗翅類学入門―飼育・解剖・DNA研究のテクニック― 那須義次・広渡俊哉・吉安 裕 編著(2016)東海大学出版部,神奈川県,295頁,4800 円(税別)(ISBN978-4-486-02111-7)

2016年12月07日

【書評】 天敵活用大事典 農文協編(編集協力:後藤千枝・大野和朗・平井一男・井原史雄) 農文協,東京,824頁(うちカラー口絵144頁),24,840円(税込) (ISBN 9784540151590)

2016年11月21日

「天敵活用大事典」会員限定割引販売のご案内

2016年09月03日

【書評】 クマゼミから温暖化を考える 沼田英治著(2016)岩波ジュニア新書:岩波書店、208頁、820円(税別)(ISBN 978-4-00-500833-9 C0245)

2016年05月30日

新刊紹介 野生ミツバチとの遊び方

2016年04月19日

【書評】 Nematology Morphology and Perspectives 11: Pristionchus pacificus – A Nematode Model for Comparative and Evolutionary Biology, Ralf J. Sommer (Ed), Brill, Leiden, 420 pp. 2015. ISBN: 9789004260290

2016年03月13日

新刊紹介 ダニのはなし ———人間との関わり———

2015年02月05日

書評募集 - 「トンボの生態学」

2014年09月24日

書評募集

2014年06月06日

新刊紹介 植物アロマサイエンスの最前線 〈植物はなぜ香りを発するのか〉

2013年10月25日

新刊紹介「ミツバチの会議 なぜ常に最良の意思決定ができるのか」

2013年06月24日

新刊「日本産マルハナバチ図鑑」著者割引販売のご案内

2013年06月21日

新刊『日本産マルハナバチ図鑑』著者割引販売のご案内

2013年05月02日

『昆虫と害虫-害虫防除の歴史と社会』小山重郎著、278頁、築地書館、2013年5月15日発行

2012年05月14日

『研究者が教える動物飼育』割引販売のご案内

2012年03月06日

新刊紹介(生態進化発生学 エコ・エボ・デボの夜明け)

2006年12月25日

菜園の害虫と被害写真集

2006年07月31日

「農林有害動物・昆虫名鑑(増補改訂版)」のご紹介

2006年02月20日

フェロモン利用の害虫防除 - 基礎から失敗しない使い方まで

2005年09月05日

世界のハマキガ科(鱗翅目)種名カタログ
Tortricidae (Lepidoptera)- In: World Catalogue of Insects 5: 1-741.

2005年02月01日

日本産水生昆虫-科・属・種への検索

2004年06月01日

日本農業害虫大事典

2004年06月01日

「ただの虫」を無視しない農業 -生物多様性管理-

2004年06月01日

休眠の昆虫学 季節適応の謎

2004年06月01日

線虫学実験法

» TOPに戻る