応動昆、持続可能な社会を目指して: 一般社団法人 日本応用動物昆虫学会

日本応用動物昆虫学会について

日本応用動物昆虫学会(応動昆)は、1957年に日本応用動物学会(1929年設立、学会誌: 応用動物学雑誌)と日本応用昆虫学会(1938年設立、学会誌: 応用昆虫)が合併して設立されました。会員資格は、応用昆虫学と応用動物学(ダニ学、線虫学、農薬および害虫防除器材の分野を含む)の研究者に広く開放されています。2017年4月に、一般社団法人 日本応用動物昆虫学会となりました。

学会は、2月、5月、8月、11月の年4回、日本応用動物昆虫学会誌(和文)Applied Entomology and Zoology(英文)の2種類の会誌を発行しています。

新規入会を希望される場合には会員情報サービスシステム(2007年12月5日公開)にてオンラインで必要な手続きをお取り下さい。会員情報サービスシステムでは、入退会/所属変更の手続き、会費納入状況の確認、クレジットカードによる年会費の支払いや会員名簿の閲覧ができます。会員情報サービスシステムにアクセスできない場合に限り、「連絡票」をご覧になり、必要事項をフォームメールに記入して送信してください。学生会員の場合には指導教員による身分証明(指導教員からメールフォーム経由で一文お送り下さい)が必要です。メールフォーム経由で連絡できない場合には、指導教員が以下の連絡票をプリントアウトして必要事項を記入し、学会事務局まで郵送またはFAX送信して下さい。

また、学会誌の購読に関するお問い合わせは、学会事務局までお願いいたします。