日本応用動物昆虫学会について

日本応用動物昆虫学会(応動昆)は、1957年に日本応用動物学会(1929年設立、学会誌: 応用動物学雑誌)と日本応用昆虫学会(1938年設立、学会誌: 応用昆虫)が合併して設立されました。会員資格は、応用昆虫学と応用動物学(ダニ学、線虫学、農薬および害虫防除器材の分野を含む)の研究者に広く開放されています。

学会は、2月、5月、8月、11月の年4回、日本応用動物昆虫学会誌(和文)とApplied Entomology and Zoology(英文)の2種類の会誌を発行しています。

学会への入会方法については「入会するには?」をご覧下さい。また、学会誌の購読に関するお問い合わせは、学会事務局までお願いいたします。

» TOPに戻る